伝統工芸 印傳口コミ

現在までおよそ数百種類
日本人の美意識が生み出した四季折々の自然や動植物達。
現在までおよそ数百種類の文様が描かれてきた。

印傳技法日本を代表する伝統工芸、伊勢型紙を使用する。
伊勢型紙
何層にも重ねられた和紙をひとつひとつ手彫りしていく気の遠くなる作業だ。その伊勢型紙を鹿革の上にのせ、漆を一気にのせていく。この作業だけでも熟練と呼ばれるようになるまでには、相当の時間を要すのである。
鹿革
軽くて丈夫、柔らかな感触。使い込むほど手に馴染みます。
印傳 小銭入れ財布定期入れを見る

男の仕事シリーズを見る

~印傳 長財布の口コミ~ 質感がとてもよく使うほど手に馴染みます。最新の柄で満足です。やわらかい使い心地。ちょっと小さめサイズを買ったので、次は大きいサイズを買います。

LINEで送る

カテゴリー: 伝統工芸 印傳とは パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">